COVID-19の復活の中で、中国の鉄鋼在庫は13か月ぶりの高水準に達しました

COVID-19の復活の中で、中国の鉄鋼在庫は13か月ぶりの高水準に達しました

中国の鉄鋼在庫は、最近のCOVID-19の復活の中で需要が低迷した後、同国の鉄鋼生産が着実に増加し続けたため、4月20日に13か月ぶりの高値を記録しました。

パンデミックの不確実性が業界に迫っているため、国内市場では今後数週間の鉄鋼需要の見通しがまちまちです。

一部の情報筋は、COVID-19の蔓延が抑制され、供給過剰に取り組むと需要が大幅に回復する可能性があると述べたが、他の情報筋は、より強い刺激が導入されない限り、需要の回復は控えめで短命であると述べた。

中国の1日あたりの粗鋼生産量は4月上旬から0.4%増加して4月11日から20日にかけて288万9千トン/日となりました。中国鉄鋼協会のデータによると4月27日です。

中国の粗鋼生産量は、4月の最初の20日間で平均2882万トン/日で、3月の日産レベルから1.2%増加しました。

CISAが監視する製鉄所とスポット市場の完成した鉄鋼在庫は、4月10日から3%、前年比8.4%増加し、4月20日には3,301万トンの13か月ぶりの高値を記録しました。

情報筋によると、4月下旬から5月上旬までの中国の粗鋼生産は4月の最初の15日間と同様になると予想され、国のほとんどの地域での鉄鋼需要の低迷と物流の混乱が生産量の伸びを制限している。

北京のCOVID-19に対するゼロトレランスの中でのサプライチェーンの混乱は、建設および製造部門の鉄鋼エンドユーザーに打撃を与え、供給過剰を悪化させたと情報筋は述べた。

一方、S&Pグローバル・コモディティ・インサイトによると、中国の国内鉄鋼価格は供給過剰により緩やかに下落し、北京の鉄筋価格は4月26日で約6%下落した。

一部の情報筋によると、鉄鋼需要は5月中に回復し、鉄鋼価格の急激な下落を防ぐ可能性があるという。他の人は、中国の建設および製造部門の回復は、国の封鎖措置がすぐに解除されていないため、5月と6月に遅くなる可能性が高いと述べた。

中国の国内鉄鋼需要は、COVID-19の復活がなければ、資金不足の不動産セクターが弱く、依然として下落するでしょう。

「中国の大部分が5月のある時点でCOVIDの回復を封じ込めると、人々は実際の鉄鋼需要を見ることができるようになりますが、私はそれほど楽観的ではありません」と情報筋は述べ、不動産セクターにはさらなる政策緩和が必要であると付け加えました。


投稿時間:5月5日〜2022年